夢、ひとつぶ | わがまち門真市民ミュージカル

大阪の門真市の市民ミュージカルの公式ホームページです。

夢、ひとつぶ

タイトル
第6回 わがまち門真市民ミュージカル「夢、ひとつぶ」
あらすじ
時は20XX年。アジアの小国・電気都市ドマナ。きらびやかに光り輝く街に響くスピーカーの声は、かりそめの幸せを煽り立てている。アンドロイド警察に守られた薄っぺらい街を一歩出れば、広がっているのは、古くからの忘れられた町並み。ドマナに住むことが出来ない人々が暮らしている。
桜が咲き誇る春の日、ドマナに1人の少女が迷い込んできた。少女の名はオーファ。伯父を頼って地方都市からやってきたらしい。たった一人、都会をさまよう少女には、明日の朝をどう迎えていいのかわからない。そんなときに出会った人たち。生きていくためには、きれいごとだけではすまない日々。そんなオーファが、最後に選んだ道とは…。
日時・場所
日程:2013年8/18(日)13時・17時開演 2回公演
場所:門真市民文化会館 ルミエールホール(大ホール)

スタッフ


眠りながら見る夢ではなく、目を開けたまま見る夢の数は、あなたにとっていくつくらいありますか?その夢をどうやって数えますか?一個、一回、一片…。どれもピンとはこない。もしかすると夢は数えるものではないのかもしれません。心の奥に大切にしまってある小さな種のようなもの。だから、ひと粒だけあればいい。その種を大切に育てていくことができれば、いつか夢は、大輪の花を咲かせることでしょう。今を盛りに咲き誇る花、遅咲きの花、恥ずかしがり屋や怖がり屋の花、堂々と目立っていたい花、隅っこで咲いていたい花、いろんな花が今日、この舞台に咲き誇ることでしょう。一つ一つの花が、門真の人々の手で、大切に育てられ咲き続けられますように。手間のかかる夢を一緒に育ててくださいますように。
演出・作詞
秋津 シズ子
台本
福田 和栄
舞踏
森田 守恒
音楽
水見 嘉章
美術
日下 文
照明
大川貴啓
音響
宮崎孝幸
歌唱
はにうたかこ
舞台監督
村上 浩
演出・振付助手
伯鞘 麗名
演出助手
辰寿 弘美
うえだ ひろし
大道具制作
宮田 重雄

開講式・練習風景



舞台集合写真